380円 優里 アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券 チケット 音楽 国内アーティスト thoughttech.digital,チケット , 音楽 , 国内アーティスト,シリアルナンバー,380円,応募券,優里,アルバム,/immobilize1300484.html,壱 380円 優里 アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券 チケット 音楽 国内アーティスト thoughttech.digital,チケット , 音楽 , 国内アーティスト,シリアルナンバー,380円,応募券,優里,アルバム,/immobilize1300484.html,壱 優里 売り切れ必至! アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券 優里 売り切れ必至! アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券

送料無料新品 優里 売り切れ必至 アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券

優里 アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券

380円

優里 アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法未定
発送元の地域未定
発送までの日数1~2日で発送

優里の1stアルバム「壱」 発売記念オンラインイベント抽選応募券 優里TOUR2022抽選先行のシリアルナンバー オンラインイベント応募締め切り 1/24 優里TOUR2022抽選先行締め切り 1/19 お取引き画面にて番号をお伝えいたします。 紙の発送は致しません。 ご了承のうえご購入お願いいたします。 入力後受取評価お願いいたします。

優里 アルバム 壱 シリアルナンバー 応募券

2022年1月18日火曜日

NIKE ナイキダブルスウォッシュ Mサイズ

これまで事例問題は何度も取り上げてきましたが,事例問題は,多くの人が思っているほど簡単には正解させてくれません。


特に制度を問う事例の場合は,制度がわからなければ解けません。


事例問題は,複数の正解が生じることで不適切問題にならないように細心の注意を払って,正解以外の選択肢は確実に消去できるように作成されています。

そこに気がつくとつまらないミスはかなり減るように思います。


今まで不適切問題は何度も生じていますが,事例問題で不適切問題になったのは,1回くらいしかなかったように思います。


今日の問題は,なかなか手ごわいです。


第22回・問題144 Hさん(45歳,男性)は,工業系大学を卒業後,Z社の工場部門でエンジニアとして勤務してきたが,一昨年製造第一課長に就任後間もなく,脳卒中で倒れ,右半身麻痺(2種4級)となった。リハビリテーションにより日常生活はほぼ自力でできるようになったが,言語障害がかなりあることや移動能力に相当程度の制約があることに加え,軽度の認知症状が見られたことなどから,退職せざるを得なくなった。Hさん自身は再就職を強く望んでいる。

 次のうち,Hさんが再就職するに当たって利用する就労支援サービスとして,最も適切なものを一つ選びなさい。

1 就労継続支援事業 

2 職業準備支援

3 就労移行支援事業

4 障害者就業・生活支援センター事業

5 公共職業訓練


国試直前の今の時点(1月中旬)で,これらのサービス内容がわからないという人は,かなり知識不足です。


ここで,復習しておきたいです。障害者の就労に関しては,障害者の科目でも出題されます。


ある程度,知識のある人が迷うのは,


1 就労継続支援事業

3 就労移行支援事業

5 公共職業訓練


の3つだと思います。


「2.職業準備支援」は,訓練で社会生活技能を身につけるものです。

「3.障害者就業・生活支援センター事業」は,就職に向けた支援も行いますが,今まで働いてきた人が今さら利用することはないでしょう。


一般就労を目指す場合は,就労移行支援事業だと思う人も多いと思います。


それはそれで正解です。


中途障害の場合は,就労移行支援を利用することなく,就労継続支援を利用することもあります。


こんなことを考えていると正解が見えなくなってきます。


福祉的就労に視点が向きすぎていませんか?


Hさんが望んでいるのは,再就職です。しかも軽度の認知症状があったとしても,もともとはエンジニアとして第一線で働いてきた方です。しかも再就職を強く望んでいます。


そのことを考えてみると,


5.公共職業訓練


しかあり得ないのです。


Hさんには,福祉的就労しかできないと考えるのは,単なる思い込みです。クライエントの希望を無視しているとも言えるのではないでしょうか。


身体的には制約があったとしても,エンジニアとして仕事をしてきたことは貴重な経験です。


公共職業訓練を受けることで,その技能を生かしながら新しい技能を身につけることが可能です。


<今日の一言>


この問題を改めて見てみると


1 就労継続支援事業 

2 職業準備支援

3 就労移行支援事業

4 障害者就業・生活支援センター事業

5 公共職業訓練

では明らかに色合いが異なると思いませんか。

答えに迷うことがあったら,このように角度を変えて問題を眺めてみることをおすすめします。

2022年1月17日月曜日

障害者雇用促進法

障害雇用促進法が根拠となって設置されているのは,「障害者職業センター」と「障害者就業・生活支援センター」の2つです。

 

障害者職業センターは,障害者職業総合センター,広域障害者職業センター,地域障害者職業センターの3段階のセンターがありますが,国家試験で出題されるのは,このうちの地域障害者職業センターです。

 

地域障害者職業センターの業務 

・障害者に対する職業評価、職業指導、職業準備訓練及び職業講習。

・事業主に雇用されている知的障害者等に対する職場への適応に関する事項についての助言又は指導。

・事業主に対する障害者の雇用管理に関する事項についての助言その他の援助。

・職場適応援助者(ジョブコーチ)の養成及び研修。

・関係機関に対する職業リハビリテーションに関する技術的事項についての助言その他の援助。

 

もう一つの障害者就業・生活支援センターも紹介します。

 

障害者就業・生活支援センターの業務 

<就業支援に関するもの>

・支援対象障害者からの相談に応じ、必要な指導及び助言を行う。

・関係機関との連絡調整その他の援助。

・支援対象障害者への職業準備訓練のあっせん。

 

<生活支援に関するもの>

・支援対象障害者の職業生活における自立を図るために必要な業務。

 

 

法制度で押さえておかなければならない大原則があります。

 

これは,どの領域にも共通するものです。

 

異なる機関が同じ業務を行わない

 

つまり,「□□の業務」を行うのは,「〇〇機関」である,ということです。

 

役所に電話すると,いろいろな部署に回されることがあります。「たらい回し」と言われることもありますが,その業務を行いたくないから,ほかの部署に回しているわけではなく,どの部署で対応すればよいかわからないためです。

 

対応すべき部署が明確なら,絶対にたらい回しはしません。

なぜなら,「□□の業務」について,最も詳しくて専門に行うのは「〇〇機関」だからです。

 

「□□の業務」を「〇〇機関」や「××機関」といったように複数の機関で共通して行うことは,通常考えられません。

 

この考え方をしっかり持っていないと思わぬ落とし穴にはまることもあるので注意が必要です。

 

それでは,今日の問題です。

 

22回・問題143 就労支援を行う機関に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 職業安定法で,公共職業安定所は,要保護者,低所得者を除く一般就労が可能な求職者を対象に業務を行うと規定されている。

2 社会福祉法で,社会福祉協議会は,生活福祉資金貸付制度の対象である低所得者について職業あっせんを行うと規定されている。

3 児童福祉法で,母子生活支援施設は,母子世帯を対象に職業あっせんを行うと規定されている。

4 「障害者雇用促進法」で,地域障害者職業センターは,身体障害者,知的障害者,精神障害者等を対象として業務を行うこととされている。

5 身体障害者福祉法で,身体障害者更生相談所は,業務範囲として,就労あっせんを行うと規定されている。

(注) 「障害者雇用促進法」とは,「障害者の雇用の促進等に関する法律」のことである。

 

この問題の中で,あっせんに関するものは,以下の選択肢です。

 

2 社会福祉法で,社会福祉協議会は,生活福祉資金貸付制度の対象である低所得者について職業あっせんを行うと規定されている。

3 児童福祉法で,母子生活支援施設は,母子世帯を対象に職業あっせんを行うと規定されている。

5 身体障害者福祉法で,身体障害者更生相談所は,業務範囲として,就労あっせんを行うと規定されている。

 

職業あっせんを行う専門機関は,公共職業安定所(ハローワーク)です。

 

社会福祉協議会,母子生活支援施設,身体障害者更生相談所が,それぞれ対象が異なったとしても職業あっせんを行うことは,公共職業安定所の業務と重なってしまいます。

 

これは,制度として通常あり得ないことです。

 

制度は,それぞれの専門領域を明確にしているからです。

 

過去問では,

 

行政指導の範囲は,その行政機関の任務又は所掌事務に限られない。(第27回・問題79

 

といった出題がありますが,これもあり得ません。

 

さて,今日の問題の正解は,選択肢4です。

 

4 「障害者雇用促進法」で,地域障害者職業センターは,身体障害者,知的障害者,精神障害者等を対象として業務を行うこととされている。

 

落ち着いて考えると当たり前のものでしょう。

 

障害者雇用促進法の障害者の定義は,

身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の障害があるため、長期にわたり、職業生活に相当の制限を受け、又は職業生活を営むことが著しく困難な者をいう。

とされています。

 

そのため,業務の対象は「身体障害者,知的障害者,精神障害者等」ということになります。

 

1 職業安定法で,公共職業安定所は,要保護者,低所得者を除く一般就労が可能な求職者を対象に業務を行うと規定されている。

 

公共職業安定所は,求職の申込みのあるものについて,原則としてすべて受理することになっています。

 

つまり,対象を絞って業務を行うわけではありません。

 

余談ですが,もしこの選択肢が正解なら,

2 社会福祉法で,社会福祉協議会は,生活福祉資金貸付制度の対象である低所得者について職業あっせんを行うと規定されている。

 

も正解になってしまいそうです。

しかし,正解は一つしかないので,どちらも×だということになります。

2022年1月16日日曜日

児童相談所の業務

児童相談所は,児童福祉法が規定する機関です。

 

児童相談所は,都道府県と指定都市に設置義務,中核市と特別区は任意設置です。

業務は以下のとおりです。

 

児童相談所の業務 

・市町村相互間の連絡調整、市町村に対する情報の提供、市町村職員の研修その他必要な援助を行うこと及びこれらに付随する業務。

・児童に関する家庭その他からの相談のうち、専門的な知識及び技術を必要とするものに応ずること。

・児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行うこと。

・児童及びその保護者につき、調査又は判定に基づいて心理又は児童の健康及び心身の発達に関する専門的な知識及び技術を必要とする指導その他必要な指導を行うこと。

・児童の一時保護。

・一時保護の解除後の家庭その他の環境の調整、当該児童の状況の把握その他の措置により当該児童の安全を確保すること。

・里親に関する普及啓発。

・里親につき、その相談に応じ、必要な情報の提供、助言、研修その他の援助。

・里親と入所の措置が採られて乳児院、児童養護施設、児童心理治療施設又は児童自立支援施設に入所している児童及び里親相互の交流の場の提供。

・里親の選定及び里親と児童との間の調整。

・里親に委託しようとする児童及びその保護者並びに里親の意見を聴いて、当該児童の養育の内容その他の事項について当該児童の養育に関する計画の作成。

・養子縁組により養子となる児童、その父母及び当該養子となる児童の養親となる者、養子縁組により養子となつた児童、その養親となつた者及び当該養子となつた児童の父母その他の児童を養子とする養子縁組に関する者につき、その相談に応じ、必要な情報の提供、助言その他の援助。

・児童及び妊産婦の福祉に関し、広域的な対応が必要な業務並びに家庭その他につき専門的な知識及び技術を必要とする支援。

 

かなり多岐にわたります。里親に関する業務は近年の改正によって加わったものです。

 

それでは,今日の問題です。

 

22回・問題142 児童相談所の業務内容に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 児童福祉法に基づき,必要があると認めるときは児童の一時保護を行うこと。

2 児童福祉法に基づき,保育所への入所決定を行うこと。

3 児童福祉法に基づき,母子生活支援施設への入所決定を行うこと。

4 障害者自立支援法に基づき,児童デイサービスの給付決定を行うこと。

5 児童福祉法に基づき,児童委員を指揮監督し,業務の遂行に対して必要な指示を行うこと。

 

古い出題なので,今の制度と異なる部分があります。

 

1つは,障害者自立支援法は,現在は,障害者総合支援法となっています。

 

もう1つは,障害者自立支援法に規定されていた児童デイサービスは廃止されています。

 

現在は,児童福祉法が規定する放課後等デイサービスとなっています。

 

それでは,解説です。

 

1 児童福祉法に基づき,必要があると認めるときは児童の一時保護を行うこと。

 

これが正解です。

 

児童の一時保護を行うのは,児童相談所の業務の一つです。

 

一時保護に関することで覚えておきたいのは,一時保護は原則2か月を超えない期間で実施されます。

 

2か月を超えて一時保護を行う場合は,家庭裁判所の承認が必要です。

 

2 児童福祉法に基づき,保育所への入所決定を行うこと。

 

保育所への入所決定は,市町村長が行います。

 

3 児童福祉法に基づき,母子生活支援施設への入所決定を行うこと。

 

母子生活支援施設への入所決定は,都道府県知事が行います。

 

4 障害者自立支援法に基づき,児童デイサービスの給付決定を行うこと。

 

放課後等デイサービスの給付決定は,都道府県知事が行います。

 

5 児童福祉法に基づき,児童委員を指揮監督し,業務の遂行に対して必要な指示を行うこと。

 

児童委員の指揮監督及び必要な指示は,都道府県知事が行います。

2022年1月15日土曜日

ハワイアンキルト タペストリー

防衛機制は,「心理学理論」で多く出題されています。

数が多くて,覚えるのが面倒ですが,出題頻度が高いので確実に覚えておきたいものです。

 

防衛機制は,実は「児童・家庭」でも出題されています。

 今日の問題はそんな問題です。


第22回・問題141 Gちゃん(6歳)は父親と二人で暮らしていたが,父親が行方不明となり,里親に措置された。当初Gちゃんはおとなしく里親にとって育てやすい子どもであったが,2~3か月を経過した頃から抱っこや添い寝を常に要求するようになった。里親がそうした要求に応じるよう努めた結果,半年後ぐらいからGちゃんの状況は安定するようになってきた。

 次の記述のうち,Gちゃんが抱っこや添い寝を要求したことの解釈として,最も適切なものを一つ選びなさい。

1 Gちゃんには,アスベルガー症候群に基づく行動が起こっていたと考えられる。

2 Gちゃんには,注意欠陥多動性障害(ADHD)に基づく行動が起こっていたと考えられる。

3 Gちゃんには,退行が起こっていたと考えられる。

4 Gちゃんには,解離性障害が起こっていたと考えられる。 

5 Gちゃんには,フラッシュバックが起こっていたと考えられる。


古い出題なので,アスベルガー症候群となっていますが,DSM-5では,自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害となっています。


また,注意欠陥多動性障害となっていますが,注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害となっています。


さて,答えは,前説でわかるように,選択肢3です。


3 Gちゃんには,退行が起こっていたと考えられる。


退行は,発達段階の一つ前の段階に戻ることをいいます。そのため,赤ちゃん返りとも呼ばれることもあります。

2022年1月14日金曜日

売春防止法とDV防止法

売春防止法は,1951年(昭和31年)に制定され,1958年(昭和33年)に施行された古い法制度です。


制定以来大きな改正はなく,今日的な問題に対応できないことから,新しい法制度の制定が期待されています。

同法の今日的な意義を考えると,婦人相談所(都道府県に設置義務),婦人保護施設(都道府県に任意設置),一時保護する施設(都道府県に設置義務),婦人相談員(都道府県による委嘱)だと言えるかもしれません。


しかし,それらは,売春防止の意味ではなく,DV防止に関するものです。


DV防止法は,2001年(平成13年)に制定されたものです。


同法では,配偶者暴力相談支援センターを規定していますが,売春防止法の婦人相談所がその機能を果たしています。


婦人保護施設と一時保護する施設は,DV被害者を守るためのシェルターとして機能しています。


婦人相談員は,DV被害者の相談に応じています。


これらでわかるように,売春防止法で規定されていて,売春防止としての意味を失っているものをDV防止のために流用しているのです。


なお,婦人相談員は,以前は非常勤とすることを規定していますが,今はその規定が削除されています。


それでは,今日の問題です。


第22回・問題140 婦人保護制度に関する次の記述のうち,正しいものを一つ選びなさい。

1 婦人保護施設は,母子及び寡婦福祉法に基づく施設である。 

2 売春防止法によれば,婦人相談員は常勤でなければならない。 

3 市町村は,婦人相談所を設置しなければならない。 

4 婦人相談所には,要保護女子を一時保護する施設を設けなければならない。 

5 都道府県は,要保護女子を収容保護するための施設を設置しなければならない。


婦人保護制度という用語自体が古臭いです。

若い人は,婦人という言葉自体になじみがないのではないかと思います。


婦人保護制度とは,売春防止法に基づく制度のことです。

売春防止法で,今,ほとんど機能していないのが,婦人補導院だと言えます。

婦人補導院は,売春のために補導処分となった者を収容して,保護更生するための施設です。

補導処分の期間は6か月で,仮退院が許され5号観察として,保護観察に付されます。しかし,実際には近年5号観察となった者はいないようです。


それもそのはず。補導処分となる者自体がほとんどいないからです。


現在唯一残る東京婦人補導院

https://www.moj.go.jp/content/000046934.pdf


婦人保護制度の今日的意義は,DV防止のためにあると言っても決して過言ではないでしょう。そのため,婦人補導院および5号観察が国家試験に出題されることはないと思います。


それでは,解説です。


1 婦人保護施設は,母子及び寡婦福祉法に基づく施設である。 


母子及び寡婦福祉法は,現在の母子及び父子並びに寡婦福祉法です。


同法は,入所施設の規定はありません。


母子・父子福祉施設として規定されているのは,母子家庭等の相談に応じる「母子・父子福祉施設」,母子家庭等のレクリエーション施設である「母子・父子休養ホーム」だけです。


これらは,都道府県,市町村等の任意設置です。


婦人保護施設は,売春防止法に基づく施設です。都道府県の任意設置です。


2 売春防止法によれば,婦人相談員は常勤でなければならない。


この問題が出題されたときは,「婦人相談員は非常勤とする」という規定がありましたが,現在は,この規定は削除されています。


つまり,現在としては,常勤とも非常勤とも規定されていません。


かつて,非常勤という規定があったのは,それほどの業務はないという理由からだったのでしょう。


現在は,DV防止法に基づく業務,さらには,児童虐待に関連して,児童相談所と連携した業務も行います。


婦人相談員が児童虐待防止にかかわることを期待されているのは,DVと児童虐待は関連していることもあるからです。


3 市町村は,婦人相談所を設置しなければならない。 


婦人相談所の設置義務があるのは,都道府県です。

婦人保護制度のようにめったにないことは,市町村が行う事務には不向きです。


4 婦人相談所には,要保護女子を一時保護する施設を設けなければならない。


これが正解です。


婦人相談所には,要保護女子を一時保護する施設を設けなければなりません。


5 都道府県は,要保護女子を収容保護するための施設を設置しなければならない。


要保護女子を収容保護するための施設(婦人保護施設のこと)は,都道府県の任意設置です。

婦人相談所の一時保護する施設は設置義務。

要保護女子を収容保護するための施設は,任意設置。

整理しておきたいです。

最新の記事

【あやち様専用】 押し花 スマホリング ハンドメイド 45

これまで事例問題は何度も取り上げてきましたが,事例問題は,多くの人が思っているほど簡単には正解させてくれません。 特に制度を問う事例の場合は,制度がわからなければ解けません。 事例問題は,複数の正解が生じることで不適切問題にならないように細心の注意を払って,正解以外の選択肢は確実...

過去一週間でよく読まれている記事